慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「tRANCE」
20090428230529
例によって全く前情報なしです。
メイトのポップに書いてあった「今までで一番のハードロック」的な言葉に、聴く前からどきどきが止まらない。好きな方面のロックだったらいいなぁ。

とりあえず歌詞を読んでみます。


戻りました。

つーか第一印象→なにこのびじゅある系!
2曲とも。超びっくりした。時々どまんなかを行くから、びじゅある的な要素に薄々気付いてはいたけれども。うわーこれ、音が好みだといいなぁまじで。


「tRANCE」
結局なんやかんや云っても、私は谷山紀章がだいすきなんだと思うわけです。
紀章さんと云えば「言葉遊び」的なあれがあるけど、それって韻の話だけじゃないと思うのね。歌詞を書くなら、対の言葉を使うとかは一般的って云えばその通りなんだけれども、その選ぶ2つが(個人的に)絶妙すぎてたまらない…。ごめんちょっと云いたかっただけなの。
間に挟んできた攻撃的な感じがすきです。欲しいのは安心感で、キライなのは安定感。自分の居場所とか帰れる場所とか、心地よいぬくもりは求めてやまないけれども、が、しかし的な。うわぁどうしよう、紀章さんそのものだ。(そして私はそこが一番すきなとこです)
グラロデってほとんど曲先だったような記憶があるのですが、これもそうなのかな?そうだとすると、この歌詞がのっかる曲が好みじゃないはずがないと思うんだが(まだ聴いてない)。
ライブ行きたいまじでー。紀章さんと一緒に笑顔で指を立てたいー。F自主規制!


「ネジレタユガミ」
とりあえず「歪み」と云われると「ひずみ」と変換したくなるのは、私がHIZUMI好きだから仕方ないとして。そんな理由とかタイトルの感じでは拳上げてオイオイやりそうなイメージ。デスヴォが聞こえてくるぜ。でも歌詞を読んでると、なんかバラードな気がします。
「誠実」という言葉を見つけて、口が開いてしまったよ笑 それはいいとして、ありふれた愛に戸惑い 途切れかけた誠実 とか、満たされた愛は両手をすべり落ちた消失 とか。…すごい歌詞だ。
今まで何度も色んな形で愛を歌ってきたわけですが、全部吹っ飛んだ。愛が泣いている とか云われたらもう、どうしていいか分からなくなってしまいました。
単純にリリック対決だと(対決ってのもおかしいけれども)、私こっちの方が好きかもしれないです。どれかはよく分からないんだけど、何かの感情が刺激される感じ。ちょっと泣きそうです。



音を聴いて。

超かっけぇ…!!

最近のはいまいち合わなかったんだけど、待ってて良かった…。超かっけぇ超好み…!私が聴きたいグラロデは、完全にこっちなんです。いいづかさんありがとう。待ってて良かった…。

「tRANCE」
歌い方まで変えてて、最初は思わず笑ってしまった。いいぞいいぞもっとやれ!つーかまじどうしよう絶対ライブ行きたい超ヘドバンしたい…。野音は行けたとしても遅刻の可能性が高いので、前半にこれやっちゃったら切ないしなぁ…。

「ネジレタユガミ」
やっぱりスローだった!当たった!なんかちょっと嬉しい。
つーか、こっちもえらい好みだ…。例えるなら、昔の楽斗的なダーク。照明は赤。

文句なしに大当たりだぜ。大変素晴らしい!まじでありがとういいづかさん。今度もう一枚買ってきます。次の音源も期待しているよ!
スポンサーサイト
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。