慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白龍終わ…った…
終わ…った…よ。ちゃんとやれた…。
もえすぎると人って、発狂どころか声が出なくなるようです。びっくりした。喘ぎみたいなのがいっぱい出ました。ちょっと時間を置いて落ち着いた所で感想。

は…白龍…
一つずつ一つずつ。落ち着いて…。
・クリスマスのあれ。「おいしそう?」「これでいい?」の語尾上がりっぷりがたまらなくて!(また細かい所を…)すっごい可愛かったよー。人目をまったく気にしない感じもなんか良かった。とりあえず一番最初に頭を過ぎったこと。キス音は自前ですか?どうしようもないな。
・江の島。天女と龍の伝説が素で素敵だなぁと思ったので、今度あっちの方に行ったら間違いなくそこに行く。そして白龍と共にきゃーきゃー云う云った気になる。つーかスチル!!超綺麗すっごい綺麗!白龍のナンバーワンスチルは「祝福」になりました。いつも、ネオロマってなんでフルボイスじゃないんだろうって思ってたんだけど、今日初めてフルボイスじゃなくて良かったと思ったよ。あのスチルであの台詞を云われたら、人の姿を保っていられなくなる…かもしれない。
・終章。寝顔とかもそうだけど、白龍のスチルは抜群に綺麗だと思う。贔屓目じゃないと思う。そして、サンプルボイスを聞いた時に大騒ぎしたあれに、またしても大騒ぎ。「~私の元に どうか…」ってやつ。そしてホワイトアウトのあれにも大騒ぎ。まさかあんな風にもってくるとは。しかし大騒ぎしているのは気持ちだけで、上手く声は出せませんでした。
PVにも使ってたけど「ありがとう」って本当に切ないね。「さようなら」は勿論だけど、それ以上かもしれない。望まない事も乗り越えなくちゃいけなかったし、悲しい終わりだったけれど、何だか凄く幸せだった。泣いた。
「愛している」「愛していた」「恋をしていた」泣くっつーの。恋っていいよなぁ。恋っていいよなぁ…。(2回云った)無印の頃から白龍は愛を振りまいてたわけでしょ?その彼が「恋をしていた」って…。恋っていいよなぁ。


何この長さ。何この本気すぎる感想。白龍最高だよ…。超もえた本当にもえた。どうしようもない感じだった。あらゆるところで出てくる置鮎の泣き手前の声に、人の姿を保ってい(省略)上手いんだよ…大好きだ。私は置鮎が大好きだ。私は置鮎が大好きだ。
もう一周してこようか…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。