慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TANIYAMA!
何だこのタイトル…。

だいずイベントの後、また例によってひたすら語っていたんですよ。主に岸尾と谷山について。いやぁ濃い時間だった。
ネオライDVDとか映像特典がついたあれとか購入する為にとりあえずメイトに行きつつ、そこで見つけた某声優が表紙を飾る雑誌を何故か二人揃って買ってみたり。ちなみにメイト特典のコルダのあれは全部揃ったよ!月のつく人のは各2だよ!

ヨが「慟哭ノ雨」をヘビロテしてはいるものの、じっくり歌詞を読めてないと云うから、私は水を得た魚のように解説。…無駄に語っていいですか?
「言葉は感情を~」のところ、あそこの件が超すきでね。
【言葉はいつでも感情を裏切るから、流れた雫だけが真実。でもまだ言葉が何か伝えられるなら…】
この往生際の悪さがたまらない。私は谷山のこういうところが好きなんだなぁ…。
【償いの夜に、声を大に叫ぶ】とか、
【潔く濡れてしまおう】とか、
ギリギリな感じの言葉を平気で使う谷山が大好きです。谷山が大好きです。2回云った。

帰宅してからとりあえずネオライDVDを。谷山的には物足りない…というのが本音なんだけど、W-BREEZEが可愛くて可愛くて…。絶対ヨの所為なんだけど、私の中にここずっとまーくんブームがあってね。そんな中でのあれは反則だ。コルダ本当に可愛いなぁ!
手紙メッセージのシーン。あの日も会場でもえ狂ったわけなんですが、それをリアルに思い出しました。月森のあれに飛び上がり、土浦のあれにどくんどくんいって、ヒノエのあれが締めた…という流れ。そしてマサヤの魔法にかかったあの日の思い出。

寝よう…。
あ、最後に電波受信送信の類。たぶん私のことですよね。谷山ですものね…。
S月さんへ→どうもご無沙汰しております。まず一言応えるならば「要ります」(笑) まぁ実際はインパクトに行けないのであれなのですが…。というかうっかり買ってしまわれたのですね!良い傾向ですよ~。わーいヽ(゚∀゚)ノ
えっと余談ですが、あの人はたしかカラオケでB'z歌いまくってる人のはずですよ。ご明察です(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。