慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星奏学院祭
あの空気を共に感じられたことを、心から幸せだと思う。
ありがとう。大好き!


もっと大きなフォントになればいいのにな。全然足りない。
とにかく幸せだったんだ。皆が楽しそうで、皆が嬉しそうで、皆が感動していて、それにつられるみたいに私も本当に楽しくて嬉しくて感動した。あの場所から帰りたくないって本気で思った。こんな気持ちになったのは初めてかもしれない。「ありがとう」「大好き」って、何回でも云いたいな。

こんばんは。超濃厚な日程を終え、無事に帰ってきました。ただいま!コルダのお祭はまるで夢の中にいるみたいにただただ幸せで、とにかく最初に感謝の気持ちを伝えたいと思ったんです。ありがとう!


というわけでここから、レポというか感想的なものを思いのままに綴っていこうと思います。

よっちんと共に2日目昼・夜に参加したよ。例によって、開演ぎりぎりに客席に滑り込んだわけですが(いつもそう…)、楽しみすぎて待ちきれなくて、既に少し震えていたかもしれない。詳しいセトリなどは割愛しますが、一番最初、ステラ5人が登場した瞬間に体中に一気に鳥肌が立ちました。暫く治まらなかった。隣のヨも全く同じ状態になっていて、お互いで支え合ったりとかしながら。一本目の一曲目だというのに、思わず泣いてしまったんだ。あ、ここずっとの感じで薄々気付いていたんですが、あの眼鏡クインテットで、自分がいつの間にか眼鏡属性になっていた事を痛感させられたということを記しておきます。可愛すぎてびっくりした。どうしようかと思った。公演中、何回「可愛い…!」って云ったんだろうね。もうしかたない、コルダ組は皆可愛いんだ!

どの順番で書いていいのか分からなくなってきました。どのコーナーからいこう。じゃあ生アフレコ。選ばれたシーンがどれも絶妙で、終始前のめりになっていました。冬海ちゃんが半端なく可愛いし、金やんのあれとかはもう超ばたんばたんしてましたよ私。ひでさん本当かっけぇ…!!夜の部の時は本っ当酷かったよ私達。志水君が可愛すぎて…もうどうしようもなかったし。柚木の例のベッドシーン(笑)は、岸尾の熱演もさることながら残りのキャスト陣のスタンディングオベーションが目に焼きついたまま離れない。私も拍手。つーか何あのRL!アンケのシーンは本当に大好きだったんだけど、まさかあれが見れるとは思ってなくて…。ありがとぅー!可愛かった!!

昼の部の後半あたりから、岸尾のテンションがぐんぐん上がってきているのが手に取るように分かって、このあと何が起きるんだろうとずっとぞくぞくしていました(笑)。予想通り夜の部で炸裂して、違う意味で本当に大感動。そこに乗っかってきたのがまさかのヒデさんで、面白くて仕方なかった。
そんな感じでドラマ。入口としてまーくん弄り倒していましたよ。水を得た魚のように皆便乗三昧。あの時のまーくんも可愛かったなぁ…。あと、柚木と金やんの怒涛のやり取りの中で、置き去りにされる月森が可愛くて仕方なかった。何あの子!本っ当可愛かった…。
凄い細かい所で恐縮なのですが、志水君と冬海ちゃんの掛け合いに声を失いました。二人とも一年生だから敬語のイメージが超あるんだけど、二人で話すときはタメ口なんですよね。実際は当たり前なんだけど、そのふわふわした感じがすっごい可愛かったんだ。よっちんの為に太字で残しておこう。「クッキー、先輩に半分あげたいな」 …参った。

コルダ2のPV見ながらどうにもならない感じになって、まもちゃんと理事にどきどきして…。休む間なんてないっつー話。つーか理事が想像以上に好みです。理事EDってあるのかな?やる気満々なんだけどなー。

金やんコーナー。あの時様子がおかしかったのは、自分でも分かってる。でも無理。可愛くてどうしようもなかったんですもの。ずっとお兄ちゃんみたいで悔しいくらいかっこよかった谷山が、今にも膝から崩れ落ちちゃいそうなほど可愛かったです。めちゃくちゃ楽しそうだったよ~!
2加入組の2人もすっごい溶け込んでいて、本当に素敵な空気なんだなぁと少し羨ましくなりました。キャストのちょっとしたやりとりとか、些細な言葉とか、一つ一つを見ているだけで色んなことが垣間見える。仲良しっていいね!幸せになるよ。見えなかった細かい表情は、DVDでしっかりと補います。つーか3B!半端ないどうしようもない。何なのあの可愛さ!もう!3Bにもえ狂った件は改めて書きますが…。3Bwith金やんは2枚買いをしようと心に決めました。3B最高!だいすきー!

ライブ。まず特筆すべきはピアノトリオかな。可愛くて可愛くて腰が抜けるかと思いました。頑張って耐えてたつもりなんだけど、ヨに聞いたらまるばれだと思います。今普通に音源聞いても、震えられる気がするよ…。岸尾と一緒にはばたけたこともいい思い出。可愛かったー!(ちなみに土曜日は「オープン」ていうのもあったらしいですよ)
ヒデさんの歌を生で聴きたいなぁと実はずっと思っていて、今回はその願いも叶って嬉しかったな。大人組の魅惑のダンスとかさー。女の子も超可愛いしさー。
まーくんが本当に楽しそうに幸せそうに歌っているのを見ながら、笑顔って伝染るんだなぁとか思ったんだ。

メッセージ。正直内容とかは全然覚えてないです。雲にでもなったみたいに、頭の中がふわふわしてたんだろうなぁ。ただ、誰の言葉にもすっごく胸がいっぱいになった事だけは確かで。言葉は感情を裏切るなんて嘘だ!
そうだなぁ…健ちゃんにもっていかれたことは覚えてる。とにかく土浦が本っ当にかっこよかった。柚木が通して黒かったことも覚えてる。だけど言葉の終わり終わりがすっごく好きな余韻を帯びていて、たまらなかったんだよなぁ…。皆にすっごいときめいたはずなのに、覚えてないのが悔しくて仕方ない。DVDでもう1回ちゃんと聞く。…待てない。

エンディング。全出演者が並んだ時、幕が降りる気配を感じた途端に泣きたくなった。叶うなら、このまま終わらなければいいのになーって。客席の私たちは勿論だけど、キャスト陣も全員、この日を待ち望んでいたんだと強く伝わってきました。いつも言葉に乗せてくれてたまーくんとか紀章さんだけでなく、それが全員から伝わってきて泣きそうだったんだ。キャストだけじゃなく、客席も全部一緒にファミリーだって云ってくれた。こんなに幸せなことはないと、心の底から思いました。
涙を堪えようとするまーくんがすっごくかっこよくて、それを見守るようにしていた優しさにも感動して。ファミリー最高!と叫びだしそうでした。あの場所に居られて本当によかった。
アンコでは、バイオリンの音色にまた鳥肌が立った。HappyTimeが聴けなかったのは少し残念だったけれど、Overtureもめちゃくちゃ良かったから満足。歌いだしの健ちゃんが、ひでさんに合図もらってた(2公演とも)のが可愛かったなぁ!キャストも客席も、コルダが好きな全ての人が、満足そうな最高の笑顔になっていたと思うよ。
何も考えず、ただ「ありがとう」と叫んでいました。時間は止まる事はないけれど、できることならずっと覚えていたいと思います。
このお祭に参加できてよかった!
コルダに出逢えて本当によかった!ありがとう!

また逢えると信じているよ。


物凄い長さになりましたが、もう少しだけ書きます。
続きに、私の思いを。上の記事で触れていない件…ですね。
たにやまきしょうがだいすきだ。

今となれば、何がきっかけだったのかさえ分からないけれど…それでも。

谷山紀章を好きでよかった。

これほどこう感じたことはないかもしれない。死ぬほどかっこいいと思った。私はコルダの谷山が本当にすきなんだけど、それはコルダファミリーを全てひっくるめて大好きだからなんだと実感したんです。心から幸せそうで、それを見ながら私も幸せになった。そういうことなんだと思ったの。
凄く小さなことなのかもしれないけど、夜の部の金やんコーナー(要は2チームに分かれた連想ゲーム。リーダーが一人居て、答えを連想させるヒントを出していくもの)でね。「谷山紀章」を連想させるヒント。まーくんに「仲間」って云ったの。ぶわぁーってなった。それに対してまーくんの答えは「ステラクインテット」。本当に泣くかと思ったもん。
ステージが近くなかったから、自分では涙を堪えてるっぽいところしか分からなかったんだけど、あとから谷山が泣いてたって話を聞いて、もう無理だって、私はもうこの人から抜け出せないんだって思った。
昼に歌った「月の破片」。この曲すっごく好きなのですが、前に聞いた時よりももっと素敵でもっと好きになったんだ。歌詞は間違えていたけれど全く気にならない。声も表情も、思いも全部届いたよ。土曜日はバイオリン演奏だったそうで、もしもそこに居たら私は絶対泣いてる。そう思う。
メッセージの内容は、メモ取ればよかった!と思うくらい見事に吹っ飛んでいるんだけど、信じられないくらい心臓がどくんどくんいったのは覚えてる。すっごいときめいた。超ネオロマンスした。月森が好きです。
じゅんじゅんが「コルダは好きですか?」と聞いてくれた時に、何の迷いも躊躇いもなく「大好きー!」と云った、むしろ云いたかった自分が嬉しい。そのあとで谷山も言葉を投げて、「俺も大好き」って云った。言葉を選ぶようにして、それでもうまく見つけられなくて、葛藤しながら。見たことないような表情だったんじゃないかな。そんな最後の幸せそうな声に、「私も大好き!」って云い返したくて仕方なかったんだ。

コルダが大好き。

谷山紀章が大好き。

ありがとう!


本当に幸せだったよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。