慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加地×月森的なアレ・3
「来ない…」
自分から聞いておいて、それきりというのはどういうことだ…と、月森は顔を歪めている。視線の先には携帯電話。暫く見つめていても、待ち受けたままの画面が変わることはない。
「全く…」
そう呟いて溜息を吐くが、そんな自分への戸惑いも、月森は確かに感じていた。
「月森先輩、どうかしたんですか?」
「志水くん、…と…柚木、先輩」
「やあ月森くん、こんにちは」
逢いたくない顔に逢った…、と、月森は思わず眉を寄せる。柚木はどこか涼しげで、嬉しそうな表情をしていた。
「月森先輩がそんな顔をしているなんて、珍しいです。僕、何があったのか、知りたいです」
「志水くん、別に俺は…」
とても興味深そうに、志水は月森を覗き込む。
「そんなに気になるなら、自分からかけたらいいのに。ねぇ、志水くん?」
「僕も、そう思います」
「だから俺は…」
「へぇ?そんなに云うなら、それでも構わないけどね。僕は」
そう云って柚木は笑った。含みを帯びた彼の言葉に、月森は顔を上げることができずにいる。
「柚木先輩?どういう意味ですか?」
「ごめんね、志水くん。気にしないで」
「…?」
「柚木先輩、ちょっ…」

Calling…

「あ、ほら月森くん、お待ちかねのコールだよ。じゃあもう僕達は行こうか、志水くん」
「そうですね、柚木先輩。月森先輩、頑張って下さいね」
「…どういう意味だ、志水くん」
困惑の表情のまま、月森は彼らの後ろ姿を見送った。そしてまだ振動を続ける手の中のそれに視線を戻す。
「ふう…」
一度息を吐いたのは無意識だろうか。たかがこれくらいのことにと、自嘲でもするようにして。そしてもう一度息を吐き、やがてゆっくりと、耳元に重ねた。

「…もしもし」
穏やかに届く、聞き慣れた声。
彼だけが知っているのは、僅かに角度をつけた、口の端。





まだやるみたいですよ、私。今回も台詞だけのにしようかと思ったんだけど、ちょっとだけ…。うっかりしてたら加地が出てこなかった。しまった。まあ、柚木がああなのは仕様ですから仕方ないとして、でももし来たのが志水だけだったりとかしたら、何げに相談とかしていたんじゃないかと思うと少々残念です。「志水くん、実は…」みたいな。うわぁ!
最近全然書いてないから、こんなんでもなかなか大変で困ってしまう。しかしながら正直、自分の更新頻度か気持ち悪いです(苦笑)…もえって凄いね。


まもちゃんがなかなか谷山にメールとかしなかったらもえるよな!というところから始まった話。焦らしプレイ。谷山騒動を聞いて、私の頭の中はこのプレイでいっぱいだったわけですが、よっちん説の「自分からアドレスきいといて、なかなか自分からしない谷山」という、所謂ところのつんでれプレイにも激しくもえる。いいよなぁ、つんでれ…。

もしも木月で来て下さってる方がいらっしゃいましたら、本当にすみません…。だってさぁ…。
とりあえず今日はここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。