慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネオライ2008・大阪
日付改竄で、感想的なものをいってみたいと思います。偏るのはいつものこと。イベントは、終わったと思うまでがイベントです。自己中。

まず。暑かった…。とにかく暑かったよ。日焼け止めを信用していいのか疑心暗鬼しながら、ちょっと云い表せないような怪しい姿でだらだら歩いていた時に…お逢いしてしまったK方さん。超すみませんでした…。だってさー本当に暑かったんだよ。日陰愛してる!とか思ったもの。そんな感じでひたすら暑かった開場待ち。でも思ってたよりかはずっと早く動いたので助かりました。あれ以上待ってたら私、燃えてた。萌える前に燃えてた。うまいこと云った!

中では、センター寄りの上手に。上下どっちを取るのがいいかずっと考えてたのね。横浜公演の立ち位置とか教えてもらって(あきちゃんありがとう!)、OPEDは中央に近い下手に立つと判断。コロナ歌う時はどっちだろうと考えて、色々ふまえてきっと上手だと予想。でも結局は見たい角度で見ることに。だから上手。分析は無意味でしたが気にしない方向でお願いします。ちなみに予想は両方当たったのだよ。


駄目です。もう云いたくてたまらない。云う。
谷山紀章が大変素晴らしかったです。
とにかく可愛くて可愛くて…。何あの可愛いいきもの!どうしようかと思ったっつーの。何なのあの可愛いいきもの!可愛すぎた…。
OPの呼び込みの時、前のキャストがコメント付きで紹介したんですが(ちなみに浩…鳥さん)、「なんか物凄い『谷山紀章』」的なことを云ってて笑ってしまったわけですが、本当に物凄かったんだ。浩輔あんた間違ってないよ!
昼公演のお洋服は、黒い丈の長いタンク(裾が丸いカットのやつ)に、袖がちょっとある黒い薄い羽織。最近よく見るね。袖口あたりからだらっと紐が出ていて(絞れるらしい)、紐の先に羽的なものが付いているのは確認。+デニム?の黒パンツ。段々しているパンツ。でぃらいとくんのタトゥーシールは相変わらずだったので、相当気に入ってるんだと理解しました。つーかこのタンク超可愛いよなー。これっぽいやつ欲しい。どうでもいいですね。
パシフィコとかより全然距離が近いのに、どうしてあんまり細かく見れていないかというと…単純に、主に見ていたのは首から上だったからです。簡単なことです。だって超可愛かったんだよ…本当なんだよ…。

谷山紀章を前にすると、私は基本的に言葉を発しないんですが(そして見ることに撤する。だけどライブの時は話が別です。叫ばなきゃ面白くないんだぜ)、今回もそんな感じでひたすら姿を追うわけです。まあ当然口は開きますよね。
私は身長がそこそこあるので、周りが大きくないと平気で頭1コ出るんですね。目立つから、ステージ上と目が合うというのは珍しいことではないんですけれども、視線をくれるのは本当に嬉しいし、超ありがたいです。でもすぐに逸らしてくれて構わないんです…。口開けっ放しなのに…。最後にヤツがにやっとしたのを見て、くっそうわざとか!とちょっといらっとしました。ごめんだけどだいすき…。
のっけからそんなだったので、私もずっとそんな感じでした。だって本当に可愛かったんですもの。駄目だ、先に進もう。きりがない。

次の谷山タイム(ハッピータイム)はコロナ。噂のまもきーデュエット。ステージの中央から出てきて、最初はシルエットなんですけど、その瞬間もうぶわーってなった。音源で聞いたときは「ん?」って思ったりもしたんだけれど(実はね)、生で聴くとそれはそれは大変素晴らしかったです。歌いだしたら会場がきゃーってなってしまい、思わず「しーっ!」って。歌を聴かせてくれ…。ヤツは最初上手側(正面)にいたので、とりあえず直視。気持ち前傾。まもちゃんはめちゃくちゃ緊張していたらしいのですが、あの人は何だろう…とにかく物凄かったんだ。つーか何て顔して歌うんだ、谷山よ。もっとすきになってしまうじゃないか…。最初はわいてた客側も、いつのまにか静かになってたような気がします。口開いちゃって声にならないんですよね。超分かりますその気持ち。途中で上下入れ替わったんですが、私もそのまま追いかけました。まもちゃんもいい表情だったんだけど、この谷山を見逃すのは勿体なかったんだ…。ごめんまもちゃん。ラストはセンターに集まって、二人で合わせたりするんだけれど、それもまた素晴らしかった…よ。この曲が終わった時、ちょっときつくても大阪まできた甲斐があったとしみじみ思いました。

その次の谷山タイムは、トークコーナー。キャストが少ないからかな?横浜ではなかったそうですよ。各作品から一人ずつの参加でした(ちなみに下手からなりけん浩輔谷山ひらりーでした)。この時の谷山も、また云うまでもないのですが大変可愛かったです。分かってた!今回不参加の横浜(土曜)キャストが映像で出てきて、ステージ上に質問をするという形。うっかり出てきた尾の人、新しいアシメの髪型が超可愛くてときめいたのはここでは内緒です。
「キャスト陣で出かけるとしたら、どこへ行きたい?」的な問1。なりけんさんの斜めな回答から始まって、結局『海でBBQ(ちゃんとビービーキューって読んでね)』に決まりました。で、とりさんと谷山がきゃっきゃ喋ってるのが面白くて。谷山曰く、浩輔は焼くのがとても上手だそうですよ、もんじゃを。だからBBQでも焼き方担当。一方谷山は「そこのお姉さん達、一緒にBBQ云々」広報担当らしい。ちなみにひらりーは「洗い物担当」って、すごく可愛い人でした。
問2は「大阪のどこに行きたい?何を食べたい?」的なアバウト。誰とは云わない人が「フィレステーキをウェルダンで」云いだすから、笑いが止まらなかったです。すきなのは分かったから!で結局「大阪と云えば粉もの」とか云いながら、お好み焼きとか焼そばって。超適当。そしてやっぱり浩輔は焼くのが上手なんだって。焼そばをほぐすときに、お水ではなくビールを使うとコクが出るそうです。(このトークの時に、このあとのご飯のメニューが決まりました)
ぐだくだのまま終わりを迎えたコーナーでしたが笑、超面白かったです。

またその次の谷山タイムがソロのお歌。魂持ってかれるかと思ったよ…。だってFLAME歌ったんだぜ。イントロ流れた時「うわっ」って云ったよ私。あれはやばいって!あーびっくりした。生で聴いたのって、谷山に本気で落ちてからはたぶん初めてだと思うんだけど(違うかもしれない)、前に聴いた時も今回も、ぶわぁーってなるってことは変わらなかったようです。駄目だよあれ聴いたらみんな落ちるって…。これ以上増えたらどうする…。超自分勝手に終わっておきます。
私はあの人のマイクスタンドプレイがだいすきなんですが、今回もすごくさりげなくて美しかったです。あの指先が憎い。こうなったらいつか谷山も、浩輔みたいなことをやってみたらいいんだと思います。そう云えば今回、何曲かに男性ダンサー2人(渉とたっつん)がついていてかなり釘づけになっていたんですが、このFLAMEのときもバックにいたんですってね。まじで気付かなくて、終わってから聞いてびっくりしました。もう少し全体を見渡せる余裕が欲しい…です。

谷山タイムも終わりがみえて参りました。EDの前にアニバーサリー。会場全部が一つになって、声を合わせて…みたいな。たしかこの時だったと思うんだけど、一人だけジャンプのタイミングがずれてね。他が着地している中、一人だけ宙にいる状態。自分でも気付いてちょっと照れたりとかするんだけど、それがもうえらい可愛いったらなんのって。まじで底がないぜ…。新テーマ歌ってるときも、振り付けを完璧にこなす浩輔に対し、全然できてねぇ!慣れてきたかと思えば間違うの。でもあれは私もやっちゃってたから気持ちは超分かる。駄目だ…何しても可愛い…。漫才してても可愛かったもん。(意:EDのご挨拶の時(中央にきて作品ごとにする)、まもきーは「はいどうもコルダ組でーす」みたいに入ってきて、ひたすら関西弁混じりに掛け合っていました)
本当に楽しいんだろうなー、楽しかったんだろうなーってすごい分かるくらい、ずーっとご機嫌だった谷山紀章が私はだいすきです。本っ当にひたすら可愛かったー。

収まりがつかなくなってきたのでこの辺で!何か思い出したらまた書きにくるよ。こんなに長い記事書いたの、超久し振りな気がする。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。