慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVDのはなし
こんばんはー。
ここ数日やっと、DVDを見るぞー!というテンションになっているので、とりあえず買ったままにしていたあれを見ました。コルダSecondPasso…の特典の方笑 クインロゼのも買ってて、そっちは先に見たんだけど…コルダが上を行ってしまいました笑。なので今更話でごめんね。

よく分からないまま初回を予約するくせがあるので、内容は普通に学院祭の生アフレコだけだと思っていたのだよ。だから現物見たときは驚きました。あはは。

とりあえず…
何で今まで見てなかったんだろう私…!
なんつーか、人生損してた感じです笑

ちゃんと「ムービーコメンタリー」って書いてるのに、コメンタリー=オーディオっつー思い込みのせいで、いきなりちっさい画面が出てびっくりしました。そしてそれが大きくなってさらにびっくり…みたいな。

いい?云っていい?

あれに出ている谷山紀章の顔が、死ぬほど好みです…。

あれまじ超いけめん…!どうしよう超すき…。よく分からないけど、何かの調子がすこぶる良いのだと思うの。よーく見ると恐ろしく派手な服装のようですが、いけめんが全体的にきらきらしているので地味に見えます。不思議だー。あれ撮ったのいつぐらいなのかな…。あーいいもの見た。
つーかコルダの紀章さんはなんであんなにいかしているんだろう。私はどうしても谷山ファンなので、贔屓目も入ってくるかもしれないのだけれども。いつも本当に楽しそうで、本当に幸せそうなのがコルダ。あれだけ饒舌な人が、言葉をつまらせたりしちゃうのもコルダ。うわーもうだいすきだよいちごー!涙出そうだ。

私はRLがだいすきだったので、加地が入ってトリオになってしまうことに、最初は正直抵抗がありました。ピアノトリオはすきだったんだけどね、うん。だけどなんやかんやで結局バランスがいいんだなーと(中の人も含みます笑)。それぞれのそれぞれに対する思いとか、キャラ3人も中の人3人もしっかりと理解していて、ちょっと感動すら覚えました。そうか、だからコルダは素晴らしいのか。

あと、加地も素晴らしい。素晴らしく面白い。アニメ(しかも作画のクオリティがとんでもなく高い)になると、こんなにも破壊力が増すのか。しかし憎めない。RLの中の人も爆笑していましたが、台詞まわしが本当にね!何あの無駄な吐息。加地はふぇろめんの一員なのかもしれない。

あー面白かった!あの加地のPV。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。