慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タワレコインスト
整番が400くらい出てたみたいなんですが、私何げに80台を持っておりまして、そういう運も含めて2010年に期待ができる幸先の良さ。

場所も完璧に合わせられました。私は一応若林がすきみたいなので、いつもの癖だったら張り切って下手に行ってしまうところを、なんか今回はいやに冷静でセンター寄りの上手。こういう時の若林は完全に体が横を向くので、下手だと背中になってしまうのですよね。ちょうど春日の正面くらいの素晴らしい位置でした。

内容はあんまり触れない方がよさげなので少なめにするとして、とりあえず出囃子の時報に笑ってしまった。時報→タイトルコール→ビタースイートで、完全にラジオが始まる感じ。

春日は例の青タンク(未洗濯)でしたので、下は貴重なデニム姿だったわけです。で、たぶんあれ素足。
若林はおそらくジャケ写のシャツにジャケット羽織ってたんだと思われます。

確実に大人向けのANNとほぼ同じベクトルのイベントだったので、何人かいた子供的には意味が分からなかったのではないだろうか。いい大人の私はめちゃくちゃ面白かったですけどね。とりあえず(推測)2歳のボーイが騒がなかったのが救いです。

いやぁ、まじで面白かったー!まさしく私の理想のオードリーが目の前にいたよ。秋華賞にヒト科のオスが出た話とか、ひどすぎて笑い死ぬかと思いました。もっとやれもっとやれ!

前日の放送内のトークがぐだぐだすぎたことをずっと引っ張っていたけど、あれはあれで面白かったので良いと思います。ちなみに対策としては「春日には長い休みを与えない」ことと(若林は休みがないとブーブー云って面倒臭いため)、「詳しく聞く」ことらしいです。

雑誌ヘドロのとら事件はもう、おもしろ以外のなんでもない。1ヵ月くらいだよね?あまりにも云い続けるものだから、結果すぐあとにうっかり雑誌購入してしまうという。あれが物凄い販促効果を持っていることに、あの人は気付いているのだろうか。温泉にいる気分とか云って、折り畳んで頭に乗せてるんだぜ。あの件でぎゃーぎゃー吠えまくってる姿が可愛いったらないんだ…超逆効果だよ若ちゃん…。

マスコミのカメラ入ってるって分かってるの?ってくらいあんまりにもいつも通りのノリだったので、私がちょっとどきどきしてしまったんですが、だけどあのブラックというかダークサイドというかの感じが超すきなので、あんまり深くは考えないことにしました。
春日が喋ってるときにDVD片手に勝手に立ち上がって、カメラに向かって一人でポーズし始める自由さ。「退屈そうだったから、撮影タイムにしようと思って」だって。本当にいいバランスだなぁ…。


若林を見てると元々ボケだったっつーのが超分かります。隙があれば色々ぶっ込んでくるもんなぁ。いつの間にかボケ倒しているし。どうにかして春日を困らせて楽しみたいんだよ。なんだあのドS。でも私はその時の目がやさしいことを知っているので、1ミリも怖くないです。春日がなんかしたときに、1番最初に笑うのは誰かって話。とんでもないつんでれだ。相方がツボって凄いことだよねって。


おっと、逸れたところで語ってしまった。
とにかく、私の願いはこれがいつまでも続けばいいな。1つだけです。君に幸あれ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。