慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カスカスTV
改めて書いてみよう。


正式タイトルは「オードリー春日のカスカスTV」ということで、初冠で出てくる名前がピンっていうね。流石だ…。

こういうとんでもない角度から斬ってくるから、私あのひとたちだいすきなんだよなぁ。すっげぇセンス。
『初冠なのにピンで、相方は初回アシ』だなんて、キャッチとしてはこの上ないもんなぁ。しかもオードリー的にあながち有り得ないかんじではないあたりも。まじですっげぇセンスだ…。


しかしYマネのブログによると、文字通りなのかという勘違いもあったっつーことで。それも分かるけど、いやいや若林だぜ?っていう。私は若林のそういうところ(ひねくれてるともいう)に持っていかれてるので、ふざけ具合に拍手したくなったもの。タイトル決めたときもきっとにやにやしてたんだと思うと、ちょっと悔しいくらいだ笑 本当に楽しみだなぁ。

云ってもCS見れないから、どうしようかと考え中です。DVDまで待てないだろうし…。
見れるか見れないかは別にして、番組の環境には満足しています。何より2人が本当に楽しんでいるようなので、やりたいことをすきなだけ、やりたいようにやったらいいんだ。それでこそCS。超幸せです。



ついでなので、書き残しておきます。
漫才が見たいなーという本音はやっぱりあるんです。骨折の色々で、改編期のネタ番組には一切出ないらしいので、次にがっつりネタを見れるのはいつになるのか分からないし(特にテレビは)、それが凄く淋しいのも確かなんだけれども。
ここで発想の転換。今の異常とも云えるテレビ出演だって、あと1年…まあ多めに見てもあと2年もすれば絶対に落ち着くわけで(落ち着かなきゃおかしいとも云う)、今度は逆に漫才しかできないようなかんじになるんだからと。そしたら嫌になるくらい漫才見れるよねっていう。
今は色んなテレビできゃっきゃしたりわちゃわちゃしたりしている姿を見る期間です。そういう時期を全力で満喫していようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。