慟哭ノプラチナ
     色々なときめきに右往左往する毎日を、つらつらと書きます。 テンションは日によって変わる感じ。眠りについたあとは、夢でお逢いしましょう。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
開き直って その弐
日野くんの話もするよ!

休みが取れない的な残念なあれは勿論、更に懐事情も踏まえて、とりあえず優先するのはER0・国取りとDABA、あとはほどほどに…って最初に決めたのに。あれほど決めたのに。
アクセル組がかわいいばっかりにうっかり予約とかするし、しかも黒バス専用にしようとしてた地元メイト(見つかるのが怖いから)を使っちゃうし、しまいには慎ちゃんどころか日野くん単品にまで手を出しそうになってるとか何なの。

つーかあれはマジックだよ。日野くんの振り幅すげぇポテンシャルぱねぇ。すきになっても仕方ないと思うの。
幸いなことといったら、元々の手持ちの武器に、日野くんがそこそこ含まれている点ですかね。すっかり見方が変わった今改めて見ると、いとしさの塊であることが分かります。(逆にいうと、変わる前の見方をするようになってしまっていた根元があったということになるよね)(慎ちゃん見るよりずっと前から機会には恵まれていたわけだしね)

昨日たまたま(?)星奏学院祭3を見直してて、これってロマンシアのあれの翌週か!って急に気付いた。おかげで、まもが妙ーに日野くんに懐いてる気がしてたのが一気に腑に落ちたのだよ。
しっかしあれは超いいイベントだよなー。キャスト陣の楽しさが溢れんばかりに伝わってくるっていう。今ちょっと旅行中だけど、戻ってきたらまた見ようー(*∩`∀´∩)

これはあくまで個人的にですが、女のニオイというか、この人すげぇもてるんだろうなーっていうニオイが超する人だと思います笑 きゃーきゃー言う対象がそういう感じなのってなんか新鮮な気がするよ!

コンビ(だったり集合体)がすきだというのが私の真ん中にどかんとあったりするので、これは恐らく偶然ではなく必然なのだよフフフ…
性格的な部分もそうだとは思うけど、とにかく声の相性が良すぎる。だからどうしようもないよね、わたしは悪くない。

来週が楽しみすぎて心臓が痛いです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 慟哭ノプラチナ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。